2017年4月14日金曜日

イメルダ・メイとダブリンとジェフ・ベック

【ダブリン出身のイメルダ・メイのニューアルバム♫


■はじめに

アヤです
最近はINしてもダラダラとバザーを物色したりするだけで、特に活動らしい活動はしていません。(^_^;)
長年PLAYしていると、こういう小休止っぽいのも必要なんですよね〜

今回は趣味の話なので、スルーしても全然OKですw
発売前から予約していたCDが届いたので、それのレビューになります。

■IMELDA MAY / LIFE.LOVE.FLESH.BLOOD

今まではイケイケなロカビリー姉さんだったイメルダ・メイですが、イメージをガラっと変えてきましたね〜!リーゼントが特徴だったのが髪を下ろして艶っぽくなりました!以前のアルバムのジャケをみたらぶっ飛びますよw


1.CALL ME
2.BLACK TEARS[feat.JEFF BECK]
3.SHOULD BEEN YOU
4.SIXTH SENSE
5.HUMAN
6.HOW BAD CAN A GOOD GIRL BE
7.BAD HABIT
8.LEVITATE
9.WHEN ITS MY TIME
10.LEAVE ME LONLY
11.THE GIRL I USED TO BE
12.BANG BANG


2.BLACK TEARSが話題性のある1曲となってて、ジェフ・ベックがレコーディングに参加!甘い香りのするジェフのギターが最高です。

4.SIXTH SENSEはお気に入りの曲の1つ、ノラ・ジョーンズが好きな人ならはまる可能性大ですね、とても渋いJAZZ風なナンバーです。

8.LEVITATEはアイリッシュ色が漂って、ダブリン出身が垣間見られる曲。やっぱアイルランド出身のアーティストだな〜って思うはずw

10.LEAVE ME LONLY、初期のU2好きなら聴いてほしい1曲!おそらくニヤリとすること間違いなし!






■screen shot

































■あとがき

イメルダ姉さんですが、今回のニューアルバムを聴くかぎり、今後は技巧派シンガーとして進んでいくんだろーなって気がします。
個人的にはエイミー・ワインハウスのような感じになると予想!

アルバム全体の特徴はロカビリー色は皆無です。ゆったりとしたバラード調の曲が多く、北欧の歌姫っぽく聞こえます。それと、あいかわらず声がいいですね〜!ハスキーではないのでとても聴きやすいです。

と言う訳で今回はオススメの1枚でした、次回はちゃんとdol記事を書きますw


 ←ポチッとお願いします<(_ _)>

0 コメント:

コメントを投稿

 
;