2016年12月8日木曜日

新規のdol航海者にオススメの本

「大航海時代Online」というゲームを始めるきっかけと言うのは、人それぞれいろいろな理由があってだと思います。


dolを始めた理由(一例)



  • 1作目の”大航海時代”からずっとプレイしているファン
  • 最初からではないけど途中のシリーズから始めて好きになった人
  • 色々な歴史ゲームが好き。dol以外の歴史ゲームも当然プレイしてます
  • 友達がやっていて、一緒にやろうと勧められた。


上記以外にもまだまだ理由があるとは思います。

ちなみにNAMIがこのゲームを始めたきっかけというのは、恥ずかしながら4番目
「友達がやっていて、一緒にやろうと勧められた。」になります。



無知すぎて困ったこと(^_^;)



  • 知らない歴史上の人物の名前が多数
  • なじみのない国の名前や都市の名前が目的地、どこですか?それは
  • 船のこと全般、マストって何?
  • 海の名前も漠然としか覚えていないし
  • 歴史的大事件って具体的にどう言う事?教科書に出てきましたっけ?


なので、最初はゲームをしてても知らないことだらけでなんかつまらない。。。
友達もいるし、課金もしたしで、少し”大航海時代”について勉強しよう♪
という事で、当時に買った本がこちらです↓


【大航海時代 / 森村宗冬】



















■Amazon→大航海時代 (新紀元文庫)



なんども読んでいる愛読書です。
大航海時代の大きな流れが、とても分かりやすく章ごとに書かれています。


  • 第一章は「マルコポーロと東方見聞録」
  • 第二章はポルトガルを中心に、エンリケやディアスが登場します
  • 第三章は「コロンブス」「ヴァスコ・ダ・ガマ」などの有名所とジパング
  • 第四章はみんなの大好きな船と当時の航海術に関して
  • 第五章はdolエピソード「テノチティトラン」とマゼランの「世界周航」
  • 第六章は南米大陸の調査、アマゾネス、ギアナ帝国、エル・ドラードなど
  • 第七章はドレイク登場、アルマダの開戦、大航海時代の終焉へ。。。


各章の中はもっと細かく書かれていて、dolのエピソードでも実装されている歴史イベントが詳しくのってるので楽しく読むことが出来ます。



あとがき



dolをプレイしていく中で、大航海時代の歴史的な部分を少しでも知っているのといないのでは、楽しさやモチベーションがかなり違ってくると思います。


今回紹介した本は、歴史好きの方には物足りないかも知れませんが、これから色々と大航海時代に関して知識を付けていこうと思ってる人にはとても”オススメ”です。


dol初期の頃は「バルトロメウ・ディアス」の通った航路をなぞるように、希望峰に向かって出港していくプレーヤーも多く見られましたが、今ではそれも皆無。
この「大航海時代」の本を読んで、思い出に浸るのもいいのではないでしょうか?

0 コメント:

コメントを投稿

 
;